富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>トピックス
トピックス
お盆の行事
お盆の語源は、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」からきたという説と、「盆(ぼに)」を意味するという説があります。「盂蘭盆会(うらぼんえ)」とは、サンスクリットの「ウッランバーナ」の音訳で、死者があの世で逆さに吊るされて苦しみを受けているということを意味します。お釈迦様の弟子の一人目蓮(モッガラーナ)が自分の母が地獄で苦しい目に合っているということを霊視し、どうすれば母が楽になるかをお釈迦様に相談したところ、7月の15日に大勢の僧で供養を営むとよいといわれたことからこの習慣が出来たと言われています。また「盆(ぼに)」というのは先祖供養のお供物を乗せるものを意味するそうです。
迎え火と送り火
旧暦で7月13日(新暦は8月13日)が迎え火、先祖の精霊が道に迷わず家に戻って来られるように夕刻オガラで迎え火を焚きます。
精霊を一刻も早く迎えるために、迎えは馬、ゆっくり帰ってもらうために、送りは牛、16日の午前中にオガラを焚いて帰っていただきます。(迎えが牛、帰りが馬との説もあります)
盆棚の作り方
棚にはお位牌を移し、地域によって縄に季節の百味(ほうずき・青柿など)を上に飾り、下にはマコモで編んだござを敷きその上に牛(なすで作る)馬(きゅうりで作る)、季節の野菜・果物、落雁(らくがん)などのお菓子、生花・盆花などをお供えします。

盆花
ハスの葉の上になすを細かく切ったものと洗米を混ぜ、一方の葉の中にミソハギでなすの上に注ぎます。盆花はお盆が終わったあとも1年間仏壇に飾ります。