富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>トピックス
トピックス
紫外線に負けない!
キャンプにバーベキュー、アウトドアシーズンです。お出かけするのは良いけど、ちょっと外に出かけただけで、肌がヒリヒリ。時計や指輪を外すと、「あっ、焼けてる。」なんて思ったことありませんか?放っておくとシミやそばかすが・・・・。夏の紫外線、どうすれば防げるの?
紫外線は夏だけ注意?
紫外線は一年中降り注いでいます。5月から8月にかけて、非常に多くなります。冬でも夏の紫外線の半分くらいの量ですが、降り注いでいるのです。しかも、生活紫外線は曇りの日やガラス越しでも降り注いでいます。「長時間外に出ていないし・・」とか「洗濯物を干すだけだから・・。」と、日に焼けるほどでない弱い紫外線量でも、毎日積み重ねると、シミ・そばかすなど肌の老化につながっていくのです。
日焼けは健康的?
太陽の下で子供を遊ばせるのは、成長の上でも大切なこと。だけど、過度の日焼けは絶対だめ。「子供だから、シミなんて出来ない」なんて思ったら大変なことに・・・。子供の肌は大人よりもずーっと薄く、機能も未熟でとってもデリケート。過度な紫外線を受けると、肌そのものが持っている紫外線への抵抗力も弱くなり、大人になってから、肌のトラブルに悩まされることになります。帽子をかぶせたり、日焼け止めを使ったり、午前10時から午後2時(日差しが強い時間帯)を外して外で遊ばせてあげましょう。
SPFとPA
日焼け止めに書いてある、SPFとPA。数値が高いほど効果がありそうな気がするけど、これってなんの値?紫外線には2種類の紫外線があります。波長の長いUV−Aと波長の短いUV-B。
UV-Aは肌の奥深くの真皮まで届いて肌を老化させます。曇りの日、ガラス越しでも降り注ぎ、室内にいても肌に影響を与えます。
UV-Bは皮膚に強いダメージを与え、皮膚の炎症を起こしたり、しみ、そばかす、皮膚ガンを起こすこともあります。そこで、この2つの紫外線を防止する効果を示す尺度がSPFとPA。
SPFはUV-Bを防止する時間のめやす。「何も付けていない肌と、その日焼け止めを使うことで同じ日焼けになるまでにどのくらい時間がかかるか」というもの。例えば、何も付けないで30分で日焼けをし、「日焼け止めA」を塗ることで同じ日焼けをするのに60分かかったとすると、「日焼け止めA」のSPFは60÷30=2で、SPF値は2ということになります。PAはUV-Aを防止する効果のめやすです。PAの見方は下をご覧下さい。
SPFもPAも数値が高いほど効果は期待されます。
SPFの分類
PA+ 防衛効果がある 日常生活(通勤、家事など)向き
PA++ 防衛効果がかなりある 屋外でのレジャー(キャンプ、ハイキングなど)向き
PA+++ 防衛効果が非常にある 炎天下でのレジャー(マリンスポーツなど)向き
PA++++ 防衛効果が極めて高い 炎天下でのレジャー(マリンスポーツなど)向き
いくらSPFやPAの値が高い日焼け止めを1回塗ったからといって、効果が持続するとは限りません。夏は汗をかいて日焼け止めが流れてしまったり、タオルで拭きとってしまったりして、ムラができたりします。2〜3時間おきにこまめに塗りなおしましょう。塗った時は入浴時にきれいに洗い落とすこともお肌を守るのに大切なこと。最近の日焼け止めはウォータープルーフで汗や水に強いので、水洗いだけなく、石鹸や洗浄剤を使ってきれいサッパリ洗い流しましょう。