富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>トピックス
トピックス
2月3日は節分です。
2月3日は節分です。節分とは立春、立夏、立秋、立冬の季節の変わり目のこと。暦では立春の前日だけが「節分」と表記されるようになりました。節分は立春の前日をさします。節変り、年越し、年取りなどとも言われており、新しい季節を迎えるに際し、災厄や邪気をはらう行事がおこなわれています。
豆まき
節分といえば「豆まき」。豆まきは、その年の年男、あるいは一家の主人が「福は内、鬼は外」と唱え、煎り豆(生豆をまくと、拾い忘れた豆から芽が出るとよくないといわれ、煎り豆を使います。)をまき、みんな自分の年の数だけまいた豆を拾って食べるという風習です。もとは中国の明時代のものが室町時代になって日本に渡り、宮中で行われていたものが民間の家庭に広まったようです。「福は内、鬼は外」という掛声が主流のようですが、地方では様々な掛声が使われているようです。また、豆も「まいた豆を食べるのは汚いような・・・。」という理由から、落花生をまいたり、小袋タイプの豆を袋ごとまくなど、家庭によって工夫があるようです。
門守り
いわしの頭やヒイラギの葉を門のところに挿しておくことを、門守りといいます。いわしの悪臭、ひいらぎの葉の先のとがったところで、鬼を追い払い、邪気を家に入れないためと伝えられています。現代では、アパート、マンション等居住形態事情から、あまり門守りは見られなくなったようですが、節分に鰯料理を食べるなど、昔ながらの風習がかたちをかえて残っています。 
●いわしは栄養たっぷり
●DHA、EPA
●イワシペプチド
イワシの身に含まれている酵素、イワシペプチド。イワシペプチドは、血圧を上げてしまう働きをする悪い酵素の活動を阻止し、高めの血圧を抑制する効果があります。
イワシにはDHA、EPAがたっぷり。
イワシの中でも真イワシには一番の含有量があります。DHAは脳に運ばれる栄養素で、情報伝達に重要な役割を果たすシナプスなどの原料になります。さらに視神経の伝達にも効果があります。EPAは肝臓の機能を高め、中性脂肪を分解・排泄します。
恵方を向いて
恵方(えほう)というのは、その年に神がいる幸運の方角のことで、恵方を向いて太い巻き寿司をまるごと無言で食べると、1年間よいことがあるという風習です。巻き寿司は「福を巻きこむ」からで、まるごと食べるのは「縁を切らないために包丁を入れない」ということです。
フジの恵方巻きはこちら