富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>食育コラム
トピックス
今が旬!トマトのお話
トマトは南米のアンデス山脈付近が原産地で、コロンブスが新大陸を発見したあとスペイン人がヨーロッパに持ち帰り、地中海で栽培されるようになったそうです。
日本に来たのは江戸時代。オランダ人により長崎に伝えられましたが当時は観賞用。
日本(にほん)でも食べられるようになったのは、明治時代に品種改良されたトマトがアメリカから伝わってからのようです。
「トマト」という可愛らしい名前はメキシコのアステカ文明の時、「トマトル」(膨らむ果実)と名付けられたといわれています。

トマトの栄養

ヨーロッパでは、「トマトのある家に胃病なし」や「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあります。これはトマトが栄養たっぷりなことが古くから知られているから。トマトにはカロテンやビタミンCが豊富なほか、近年注目されているリコピン。リコピンは抗酸化作用がとても強くガンや生活習慣病の予防に注目を浴びています。

トマトの選び方(えらびかた)

●ずっしりとした重量感のあるもの
●ヘタの緑がきれいでピンとはっているもの
●全体に丸みがあり色が均一なもの
保存方法
低温に弱いので5℃以下では保存しないように。
完熟したトマトはポリ袋に入れて野菜室で。
青いものは常温で保存すれば追熟できます。