富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>食育コラム
トピックス
神奈川県立保健福祉大学シーラボ☆ランチMEMO.
皆様こんにちは。シーラボ☆です。
私たちは横須賀にある神奈川県立保健福祉大学栄養学科
の学生を中心にした食育活動グループです。

私たちの活動の中心は、大学食堂で提供する栄養バランスの整った定食(シーラボ☆ランチ)の メニュー提案をすることです。食堂事業者さんの協力を得て、食堂の利用者である学生や地域の方々の食生活の向上に役立つことを目標において活動していま す。できるだけ旬の食材を使用し、利用者の方々に楽しんで 頂けるメニューになるように、さらにランチメモを通じてタイムリーな栄養・食生活情報も提供できるように頑張っています。また、これまでに地域の健康啓発 イベントへの参加や食育関連のNPO法人との共同で料理教室の企画・運営なども行ってきました。

今回のレシピでは旬の食材をふんだんに使いつつ、簡単においしく作れるよう工夫しました。是非お試しください。またご意見もお寄せください。今後も様々なレシピを提案させて頂きたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
シーラボ☆ランチMEMO
シーラボ☆の皆さんが考えたレシピと季節に応じたコラムを紹介します。
画像はシーラボ☆のマスコットシーボ君です!
★今回のメニュー
みんなで作ろう!
春のまんぷくランチ

春野菜満点☆和食ランチ
   
春キャベツについて

の日差しが心地よい季節となりましたね。今回は、今が旬の春キャベツについてご紹介します。

はじめに キャベツについて
キャベツには春先から初夏にかけて収穫される春玉キャベツのほかに、
秋から冬にかけて収穫される秋冬どりと、夏に収穫される夏どりを含む冬玉キャベツがあります。
春キャベツ
とは春玉キャベツのことを指します。
キャベツは寒さや乾燥に強いことから、冬の厳しい寒さの中でも栽培することができ、
関東地方を中心に全国各地でキャベツ栽培が行なわれています。


     

春キャベツの特徴は?
春玉キャベツと冬玉キャベツの特徴を比較して、表にあらわしました。         

  春玉キャベツ 冬玉キャベツ
収穫時期 春先から初夏

秋から冬
(夏どりの品種は夏)

葉の巻き方

葉と葉が少し離れていて、
ふんわりとしている

葉と葉がくっついていて、
引きしまっている

葉の見た目

光沢や凹凸があり、
鮮やかな緑色をしている

凹凸が少なく、
黄緑色をしている

食感 みずみずしく柔らかい シャキシャキとしている
適した調理 サラダなど生で食べる料理

ロールキャベツやお好み焼き
など加熱する料理


春キャベツのおすすめの食べ方は?
春キャベツはみずみずしく柔らかいので生でもおいしく食べることができます。
生のキャベツを食べる際、普段は千切りにすることが多いですが、食感を楽しむためにあえて
ちぎって食べるのもおすすめです。
普段硬くて捨ててしまいがちな外側の葉や芯の部分は、
細く切ったり薄くスライスしたりすると食べやすくなります。春先に収穫されるキャベツは
甘みが強い
ため、シンプルな味付けで食べると素材の味を楽しむことができます。

春キャベツを楽しみたいあなたに!
♪おすすめレシピ♪

※このレシピは20183月市役所「キャベツを使った副菜」より引用しました。


キャベツを生で食べることのメリットは?
キャベツを生で食べることには栄養面でもメリットがあります。
キャベツには100 gあたり41 mg
ビタミンCが含まれており、キャベツの葉1枚(約60 g)で
成人が1日に必要なビタミンC量の約1/4を摂取することができます。

特に外側の葉や芯の近くには多くのビタミンCが含まれています。

また、キャベツに含まれるビタミンU(別名キャベジン)は、胃腸を整える働きがあると
言われています。
ビタミンCビタミンUは、水に溶けやすく熱に弱い性質があるため、
キャベツを生で食べることによってこれらの栄養素を効率よく摂取することができます。


〜参考文献〜

*旬の野菜手帳 これから覚える、知っておきたい野菜の基本
 / 篠原絵里佳 監修 / 竢o版社
*キャベツの絵本 / 塚田元尚 編 / 農文協
*独立行政法人 農畜産業振興機構|野菜ブック〜食育のために〜|キャベツ

https://www.alic.go.jp/y-suishin/yajukyu01_000279.html