富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>食育コラム
トピックス
出世魚って何?

お魚でも、稚魚(卵からかえったばかりの魚)から魚の成長につれて、違う名前で呼ばれる魚がいます。
「出世魚(しゅっせうお)」と呼んでいます。

何で出世魚なの?

一説によると、日本では、江戸時代までは武士は元服(大人として世の中に認められる儀式)や出世する際に名前を変える習慣があり
ました。この風習をお手本に、成長とともに出世するように名前がかわる魚を「出世魚」とよび、各地で「縁起の良いお魚」として、お正月をはじめ、お祝いの席に出世魚を使ったお料理が食卓にのぼります。

出世魚ってどんな魚?

多くの場合、成長段階での標準的な呼び名が決まっていないので、地方によって異なる場合があります。例えば今が旬のぶり。

関東では、体長20cmくらいまでの稚魚を「ワカシ」と呼び、20〜35cmのものを「イナダ」、35〜70cmを「ワラサ」、10kg以上のものをブリと呼んでいます。

この呼び方は地方で異なり、関西では「ワカシ」を「ワカナ」「ツバス」、「イナダ」を「ハマチ」、「ワラサ」を「メジロ」と呼んでいます。

その他
スズキ
セイゴ→フッコ(ハネ)→スズキ→オオタロウ

ボラ
ハク→スバシリ→オボコ→イナ→ボラ→トド