富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>食育コラム
トピックス
果実酒を作ってみよう! −今月の果実酒−
果実酒作りはとってもカンタン!!漬けるものによって3週間くらいから飲めるものも。
手軽に出来るので、おうちでのお楽しみに是非作ってみてくださいね!!
果実のお酒づくりのポイント!
【糖分と酸味】
糖分はお酒に甘みをつけるほか、果実の成分浸出を助ける役割も果たしています。
一方お酒にコクと深みをつけてくれるのが酸味です。
酸味の少ない果実には皮をむいたレモンを一緒に漬け込みます。
【容器と保存】
内部が見えて密閉のできる広口のガラスびんが適しています。
漬け込んだ容器は、直射日光をさけ、温度変化の少ない冷暗所で保存します。
果実の名称、漬け込み日、飲み頃などを書いたメモを貼っておくと便利です。
【使用する焼酎・熟成】
甲類焼酎(ホワイトリカー)35度のものをお使いください。
果実のやわらかいものは1〜2ヶ月、堅いものは3〜6ヶ月くらいです。
熟成の終わったものは身を引き上げてお酒はガーゼでこして別のびんに移して保存します。
今月の果実酒 <すいか>

科名:ウリ科
原産地:熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯

スイカという日本語発音も広東語のサイクワァが訛り転化したものです。
中国の西方(中央アジア)から伝来した瓜とされるためこの名称が付きました。
夏に球形または楕円形の甘味を持つ果実を付けます。
果実は園芸分野では果菜(野菜)とされるが、青果市場での取り扱いや、栄養学上の分類では果物あるいは果実と分類されます。
 

【素材の特徴・香り味わい】
大玉の品種で糖度 (Brix) は11〜13度程度。
果実中心及び種子周辺の果肉の糖度が最も高い。
果肉は、水分が多く90%以上。
様々な品種がありますが、一般に果肉は紅、甘くて多汁です。
 

 ■すいか酒の作り方■
 
すいか・・・・900g
氷砂糖・・・ 400〜500g
ホワイトリカー・・・1,800ml
 

@すいかは適当な大きさに切って緑の部分が残らないように皮をむく。
A熱湯で洗って乾かした保存瓶に@を入れ、ホワイトリカーと氷砂糖を入れて蓋をして漬け込み、冷暗所で保存する。
B3ヶ月後に果実を引き上げる。