富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>食育コラム
トピックス
果実酒を作ってみよう! −今月の果実酒−
果実酒作りはとってもカンタン!!漬けるものによって3週間くらいから飲めるものも。
手軽に出来るので、おうちでのお楽しみに是非作ってみてくださいね!!
果実のお酒づくりのポイント!
【糖分と酸味】
糖分はお酒に甘みをつけるほか、果実の成分浸出を助ける役割も果たしています。
一方お酒にコクと深みをつけてくれるのが酸味です。
酸味の少ない果実には皮をむいたレモンを一緒に漬け込みます。
【容器と保存】
内部が見えて密閉のできる広口のガラスびんが適しています。
漬け込んだ容器は、直射日光をさけ、温度変化の少ない冷暗所で保存します。
果実の名称、漬け込み日、飲み頃などを書いたメモを貼っておくと便利です。
【使用する焼酎・熟成】
甲類焼酎(ホワイトリカー)35度のものをお使いください。
果実のやわらかいものは1〜2ヶ月、堅いものは3〜6ヶ月くらいです。
熟成の終わったものは身を引き上げてお酒はガーゼでこして別のびんに移して保存します。
今月の果実酒 <りんご>

科名:バラ科
原産地:中央アジア地方

日本に入ってきたのは、平安時代〜鎌倉時代とされています。
当初は“和りんご”という小粒の野生種で観賞用でした。食用として流通している“西洋りんご”は明治時代に輸入苗木をもとに栽培され普及しました。

【素材の特徴・香り味わい】
シャキッとした食感と甘酸っぱい風味が特徴です。
イギリスでは「1日1個のりんごで医者いらず」という言い伝えがあるくらい、健康的なイメージが定着しています。

 ■りんご酒の作り方■

りんご(紅玉など)・・・1kg
レモン・・・1個
ホワイトリカー(35度)・・・1,800ml
氷砂糖・・・400g

@レモンは皮をむき、白いわたの部分もこそげ取り、3等分の輪切りにする。りんごはよく水洗いして、水気をふき、芯をくり抜いて1cm厚さの輪切りにし、さらに半分に切る。
Aよく洗って乾かした保存瓶にりんご、レモンと氷砂糖を交互に入れ、ホワイトリカーを注いでふたをし、冷暗所で保存する。
B1ヵ月後にレモンだけを取り出し、りんごは3ヶ月後に取り出す。