富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>食育コラム
トピックス
今が旬!そら豆のお話
アフリカ北部・カスピ海が原産地で、エジプトなので栽培されていたものがシルクロードを経て8世紀頃に日本にインドの僧侶が伝えたと云われるそら豆。歴史は古く、日本でも馴染み深い野菜です。
そら豆の名前
収穫前のそら豆は、天に向かうようにサヤの先が上を向いて育っています。ちょうど空を仰いでいるように見えるので「そら豆」と名がついたと云われています。また、別名「蚕(カイコ)豆」ともいわれ、これはサヤの中身が蚕のマユのように白い綿毛に包まれていることと、蚕(カイコ)を飼う初夏に旬を迎えることから、この名前がついたといわれます。
そら豆の選び方
●サヤ緑色でみずみずしく、しわのないもの。
●サヤの中のワタがぎっしりに詰まっているような、弾力があり重量感のあるもの。
●サヤの背筋の部分が茶色いものは避ける。
保存方法
●ビニール袋に入れて、冷蔵庫へ
●鮮度劣化が早いので、なるべくすぐに使い切るようにしましょう。
●すぐに使えない場合は、サヤから出して塩ゆでし、冷凍保存もできます。