富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>食育コラム
トピックス
今が旬!春キャベツのお話
キャベツの原産地は地中海大西洋沿岸といわれ、「青汁」で知られるケールが原型といわれています。オランダから江戸時代に長崎に伝えられ、生食で食べられるようになったのは明治時代の中ごろ。「トンカツ」にキャベツのせん切りを付け合せにした洋食が大評判となり、普及したようです。戦後にキャベツの消費が拡大し、日本の一般的な野菜として今日に至ります。
春キャベツ
キャベツは品種改良がさかんに行われ、一年中出荷されます。冬のキャベツは球が固くしまっていて、葉が白く横に扁平ですが、葉の巻き方がゆるく、葉も緑色を帯びたものが春キャベツ。柔らかくで美味しいという魅力で関東では人気があります。
キャベツの仲間
キャベツはアブラナ科の野菜。先祖はケールという植物で、このケールの改良によって、ブロッコリー・カリフラワー・めキャベツなどが生まれました。
キャベツの選び方
●根本が割れているものは古いので選ばない
●苦味が出るので、半分や1/4にカットされている場合、は芯の高さが2/3以下のものを選びましょう。
保存方法
高温の部屋に置くと呼吸作用が活発になり、糖分が少なくなり栄養価も落ちてしまいますので、涼しいところで保存しましょう。