富士シティオ
企業紹介 採用情報 サイトマップ お問い合せ
富士シティオ
トップページ 店舗・広告のご案内 旬の料理 旬なおはなし プレゼント・キャンペーン情報 Tカード&Tカードプラス
トップページ旬なお話・食育コラム>食育コラム
トピックス
今が旬!ブロッコリーのお話
16世紀にはイタリアやフランスで栽培されていたといわれるブロッコリー。日本に登場したのは、明治時代の初め。戦後の食生活の洋風化につれ日本でもおなじみの野菜として知られるようになりました。
ブロッコリーの栄養
ブロッコリーは緑黄色野菜。ビタミンCやカロテン、鉄、食物繊維が多く含まれています。ビタミンCは100g中、レモンの約2倍。また、ブロッコリーはアブラナ科の食物で、アブラナ科の食物には注目を集めるファイトケミカルと呼ばれる成分の宝庫。発ガン抑制効果が高い成分がブロッコリーにも多く含有し、注目されているようです。
ブロッコリーの選び方
ブロッコリーは、つぼみが緑色でかたく閉じているものを選びましょう。
茎に「す」が入っているものや切り口が茶色のものは古いので避けましょう。
保存方法
新鮮なものほど甘みがあります。早めに食べ切りましょう。
収穫した後のブロッコリーは呼吸をしています。つぼみが開くと品質が悪くなりますので、水洗いしないで口を閉じずにポリ袋に入れて野菜室で保管。かためにゆでて、冷凍してしまうのも良いでしょう。